お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 福岡のつつじの名所特集
福岡のつつじの名所特集

桜並木も終わる頃、すっかり寂しくなった街路樹にも次第に新しい息吹が芽生え始めます。それは赤・白・ピンクと色とりどりの花をつけ、甘い香りを漂わせる晩春の風物詩。福岡県民には最も身近と言っても過言ではない“県花”の「ツツジ」です!

実は、日本はツツジの野生種・栽培種ともに世界一の種類を誇り、特に福岡県久留米市は、色鮮やかな花をたくさん付けることで知られる海外でも人気のクルメツツジの発祥の地とあって、その魅力を堪能する上でもオススメとなっています。

とにかく、その圧倒的な花の数が目玉のツツジ。視界いっぱいに広がる色彩豊かな景観はまさに自然のキャンバスに描かれた芸術と言えます!

もちろん久留米市以外にも要注目な名所が目白押しです。さっそくご紹介しましょう!!

つつじ写真
つつじの蜜説明 以前は学校帰りの子どもたちがツツジの花びらの根本から甘い蜜を吸っている光景も珍しくありませんでしたが、一部の品種(レンゲツツジ)には致死性になりうる毒があるため、危険を避ける意味でも現在では推奨されていません
福岡エリア

かしいかえん

  • 規模:約9,000本
  • 住所:『福岡市東区香住ヶ丘7-2-1』

「香椎花園=かしいかえん」は、 その「花園」という言葉が指すように、チューリップをはじめとしてパンジー、バラやポピー、桜、ユリ、ツツジなど、四季を通じてたくさんの花々を楽しめるネイチャースポットです。
>>詳しくはコチラ

かしいかえん
詳しくはコチラ


大濠公園 日本庭園

  • 規模:約11,300本
  • 住所:『福岡市中央区大濠公園1-7』

その広大さは大濠公園の名に恥じず県内最大級。日本の伝統的な造園技術の粋を集めてつくられた格調高い純日本庭園として見所満載!四季を通じて楽しめる庭園なのはもちろんの、涼を演出する渓流の滝も大小3本あるなど、そのスケールの大きさは折り紙付き。また、日本庭園としては珍しく州浜があり、池の趣を間近で楽しめるまさに水と緑の楽園です!
>>詳しくはコチラ

大濠公園 日本庭園
詳しくはコチラ


西公園

  • 規模:約3,600本
  • 住所:『福岡市中央区西公園』

17万平方メートルの広大な丘陵地からは市街地はもちろん、博多湾、遠くは志賀島までを見渡せる絶好のロケーションとなっています。また、日本さくら名所100選にも選ばれているほか、春の園内には約3600本ものツツジが見事に咲き誇ります。


>>詳しくはコチラ
西公園
詳しくはコチラ


舞鶴公園(つつじ園)

  • 規模:約4,000本
  • 住所:『福岡市中央区城内』

陸上競技場などのスポーツ施設が整備され、ウメ、サクラ、ボタン、シャクヤク、ツツジ、ショウブ、ハスなど、四季折々の花を楽しめます。隣接して福岡城跡もあり、歴史と文化とスポーツと憩いの公園として多くの方々に四季を通して利用されています。


>>詳しくはコチラ
舞鶴公園 つつじ園
詳しくはコチラ


皿山公園

  • 規模:約30,000本
  • 住所:『糟屋郡須恵町大字上須恵』
  • イベント:商工つつじ祭りin 須惠 ※メイン会場は健康広場(2015年4月29日(水)開催)

県内有数のツツジの名所として知られるスポット。見頃となる4月下旬頃には約3万本の美しい花が咲き誇ります。また、山の大自然をそのまま活かした緑豊かな園内には梅やショウブ、アジサイなど四季折々の魅力があふれ、天然のカンラン岩が織りなす山肌の芸術的な地形も見所のひとつとなっています。毎年4月29日には、「須恵町商工つつじ祭り」なるイベントも開催されています!近隣の健康広場ではステージ発表、飲食店やバザーなどの催し物を実施。須恵町商工会前から皿山公園前まで無料シャトルバスも運行しています。
>>詳しくはコチラ

皿山公園
詳しくはコチラ


駕与丁公園

  • 規模:約2,000本
  • 住所:『糟屋郡粕屋町駕与丁3-2-1』

春日市の白水大池・直方市の感田池と並んで"筑前三大池"のひとつに数えられる糟屋郡は粕屋町の「駕与丁池」。四季折々の魅力があふれるこの公園にはアスレチックなどの遊具も豊富で、地元の子どもたちに大人気!最大の見所「バラ園」では、赤・白・黄色と色とりどりのバラが咲き乱れ、園内の緑に映えるすばらしい風景を演出してくれます!
>>詳しくはコチラ

駕与丁公園
詳しくはコチラ


宮地嶽神社

  • 規模:約20,000本
  • 住所:『福津市宮司1304』

開運商売繁盛の御利益で知られ、年間でおよそ200万人の参拝客が訪れる県内有数のお社。緑豊かな境内には、早咲きの桜や藤、菖蒲にツツジ、秋には紅葉など四季を通じて美しい花々が咲き乱れ、見頃には桜花まつりや菖蒲まつりなどの季節のイベントも豊富。
>>詳しくはコチラ

宮地嶽神社
詳しくはコチラ


鎮国寺

  • 規模:約20,000本
  • 住所:『宗像市吉田966』

唐から帰国した弘法大師(空海)が宗像大社に礼拝した後、近隣の屏風山に瑞雲がたなびくのを見て、鎮護国家の根本道場として建立したとされる宗像市の「鎮国寺」。こちらは真言宗最古の寺院と言われ、本殿:護摩堂には空海作と伝わる不動明王立像が安置されているほか、宗像大明神の本来の姿である本尊五仏が祀られている五仏堂など見所満載です!
>>詳しくはコチラ

鎮国寺
詳しくはコチラ


宗生寺

  • 規模:約3,000本
  • 住所:『宗像市大穂937』

許斐山城の城主、多賀出雲守隆忠が亡き父のために建立したとされる曹洞宗の禅寺です。このお寺は歴代藩主から手厚い保護を受け、宗像地方でも指折りの古刹と言われたそうな。裏山には奈良時代の行基の作と伝わる馬頭観音像を安置したお堂があり、33年にわずか2回だけ一般公開されるという秘仏で、福岡市城南区の油山観音や前原市の雷山観音と並ぶ三大観音のひとつと言われています!
>>詳しくはコチラ

宗生寺
詳しくはコチラ


福岡市植物園

  • 規模:約50,500本
  • 住所:『福岡市中央区南公園1-1』

動物園と隣接するその敷地内には、野外、花壇、温室などを含めて約2600種類もの植物が生育・展示されています。施設の目玉とも言える2階建ての温室では約1200種類もの珍しい樹木や花が、まるで別世界を形作っています!
>>詳しくはコチラ

福岡市植物園
詳しくはコチラ


油山市民の森

  • 規模:約8,500本
  • 住所:『福岡市南区桧原855-4』

大自然の魅力がつまった体験型スポット。70.7ヘクタールの広大な敷地の中では四季の移り変わりが目に楽しく、自然散策や森林浴はもちろん、ハイキング、野鳥観察、夏場にはキャンプも楽しめます。そのほか、豊かな地形を活かしたフィールドアスレチックや草スキー場など体を使って遊べる施設や、美しい渓谷に清々しい滝、見晴らし抜群のつり橋など見所をあげたらキリがないほどの充実ぶりです!
>>詳しくはコチラ

油山市民の森
詳しくはコチラ


花畑園芸公園

  • 規模:約13,000本
  • 住所:『福岡市南区柏原7-571-1』

14.7ヘクタールの広大な空間の中、88種約1600本の果樹が栽培・展示されている充実スポット。緑豊かな園内には、ミカン類が中心の常緑果樹園(有料でみかん狩り可能)をはじめ、リンゴやカキ、モモなどの落葉果樹園、フェイジョア、ブラックベリーなどの珍しい果物まで、四季折々の見所が満載となっています!
>>詳しくはコチラ

花畑園芸公園
詳しくはコチラ


のこのしまアイランドパーク

  • 規模:約130,000本
  • 住所:『福岡市西区能古島』

四季折々の花たちが彩る自然豊かな園内は、レストランやバーベキューハウスをはじめ、小動物と触れあえる動物園、子供に大人気のアスレチックコーナーなど見所満載!また、ゴルフとゲートボールを組み合わせた“のこのこボール”なるオリジナルスポーツも好評とか。能古の大自然に囲まれて、その魅力を存分に楽しめる一大スポットと言えそうです!
>>詳しくはコチラ

のこのしまアイランドパーク
詳しくはコチラ


糸島浮嶽つつじ祭(浮岳幸花樹園)

  • 規模:約5,000本
  • 住所:『糸島市二丈吉井』
  • イベント:「糸島浮嶽つつじ祭」4月中旬〜5月初旬頃開催

浮岳の中腹にある、二丈町内の桜井造園が運営する花樹園。眺めがよく、遠くは玄海灘を見晴らせる清々しい景色が広がります。ツツジの名所で、開花期間中の土日は「糸島スタンプ会」の方々が出店し、糸島産のそばやハム、パン、赤米、饅頭などを販売しています。


>>詳しくはコチラ
糸島浮嶽つつじ祭(浮岳幸花樹園)
詳しくはコチラ


呑山観音寺

  • 規模:約1,000本
  • 住所:『糟屋郡篠栗町萩尾227-4』

昔から“のみやまさん”の通称で親しまれている霊場「呑山観音寺」。年間の参拝者は100万人を超え、霊験あらたかなお寺としてご利益を求める祈願者が後をたたないことで知られる名所となっています。4月下旬から八重桜、石楠花、花蘇芳、ツツジが一斉に花開き、境内は色とりどりの花で彩られます。
>>詳しくはコチラ

呑山観音寺
詳しくはコチラ


観音寺公園

  • 規模:約200本
  • 住所:『糟屋郡篠栗町金出3279-9』

飯盛山西腹一帯にある花の公園で、樹芸の森・鳴淵ダム展望台へ行く途中にあり桜の名所としても知られています。高台には法隆寺夢殿を模した仏舎利殿があり、ビルマから贈られた仏舎利が安置してあります。春には、梅・桜・ツツジなどが咲き乱れ、多くの行楽客でにぎわいます。
>>詳しくはコチラ

観音寺公園
詳しくはコチラ


八所宮

  • 規模:3,000本
  • 住所:『福岡県宗像市大字吉留3186』

神武天皇が日向の国から御東遷の祭、この地の御手洗池の畔に鎮座を賜りました。その折り、赤い馬に乗った神が現れ道案内されたとされ、これが宗像市赤間(馬)の地名の起こりと伝えられております。境内には樹齢数百年の樫や常磐柿など貴重な木々が生い茂げ、季節によって、桜や藤やつつじ等々が咲き誇り、訪れる参拝客を魅了します。
>>詳しくはコチラ

八所宮
詳しくはコチラ


須恵町商工つつじまつり

  • 規模:30,000本
  • 住所:『糟屋郡須恵町大字上須恵』

皿山公園を会場に毎年4月29日に開催されている。当日は約3万本の美しいツツジの花に囲まれながら、迫力の和太鼓やバンド演奏をはじめ、ステージイベントなど楽しいプログラムが目白押し!
>>詳しくはコチラ

須恵町商工つつじまつり
詳しくはコチラ


天拝山歴史自然公園

  • 規模:約500本
  • 住所:『筑紫野市大字武藏626-5』

水と緑豊かな筑紫野市の新名所。園内には、二日市温泉の発見者と言われる藤原虎麿の像をはじめ、東屋づくりの水上ステージが印象的な出会いの広場、季節を彩るツツジ園とショウブ園、100種類以上の植物が植えられた万葉植物園。
>>詳しくはコチラ

天拝山歴史自然公園
詳しくはコチラ


宇美公園

  • 規模:不明
  • 住所:『糟屋郡宇美町明神坂1-4684-1』

宇美八幡宮のお隣、町の中心部に位置する公園。園内にはソメイヨシノ、ヒガンザクラなど数種類の桜約500本とツツジの名所として親しまれています近くには、宇美八幡宮があり散策にもお勧め。
>>詳しくはコチラ

宇美公園
詳しくはコチラ


加布里公園

  • 規模:約500本
  • 住所:『糸島市加布里702-1』

加布里湾に面した公園で、市内で唯一海が見下ろせる公園。晴れた日には玄界灘が一望でき、小呂島や壱岐島を見ることができる。季節には、桜やつつじが満開に咲きほこります。
>>詳しくはコチラ

加布里公園
詳しくはコチラ

北九州

高塔山公園

  • 規模:約45,000本
  • 住所:『北九州市若松区大字修多羅』

北九州市若松区のシンボル的な存在、高塔山。標高124メートルのその山頂にある「高塔山公園」は自然を生かした15ヘクタールもの広大な空間には見所が満載で、特に展望台から見渡せる街並みのパノラマ風景は必見!
>>詳しくはコチラ

高塔山公園
詳しくはコチラ


和布刈公園(めかり公園)

  • 規模:約5,000本
  • 住所:『北九州市門司区門司』

県内最北端の北九州市門司区の中でも最も北にある公園。丘陵地内に広がる園内には関門海峡を見晴らせる展望スポットが数多くあり、特に夜間のライトアップされた関門橋を間近で眺められるのが最大のポイントになっています。そのほか、有田焼の陶板を使って描かれた壇ノ浦の戦いの巨大な壁画や、ビルマ政府仏教会と旧門司市の合意のもとに戦没者の供養と世界平和を祈念して建築されたパゴダ(仏舎利)など各所に見所満載です!
>>詳しくはコチラ

和布刈公園(めかり公園)
詳しくはコチラ


白野江植物公園

  • 規模:約1,200本
  • 住所:『北九州市門司区白野江2』

市内で唯一の花木公園。混生している品種は数千とも数万とも言われ、自然散策にうってつけのスポットと言えます。植物公園としては珍しく"和"を意識したつくりで、丘陵地の豊かな自然を生かしつつ、園内には隅々まで遊歩道がめぐり、来場者の時間に合わせて様々な楽しみ方のコースが用意されています。特にサクラについては春以外に咲くものも含めて約60種・800本を数える充実ぶりです!
>>詳しくはコチラ

白野江植物公園
詳しくはコチラ


宝福寺山つつじ公園

  • 規模:約3,000本
  • 住所:『豊前市八屋760』
  • イベント:「宝福寺山つつじ祭り」毎年4月中旬〜5月上旬開催

約7000平方メートルの園内に色鮮やかな約3000本のツツジが咲き誇る市内随一の名所。見頃となる4月下旬から5月上旬には「宝福寺山つつじ祭り」が行われるほか、同時期の4月29日〜5月1日には大富神社の春季神幸祭も開催され、3種の山車が町内を練り歩く県指定無形文化財の八屋祇園が要注目となっています!
>>詳しくはコチラ

宝福寺山つつじ公園
詳しくはコチラ


魚見公園

  • 規模:約3,000本
  • 住所:『遠賀郡芦屋町山鹿山の内』

遠賀川の河口そばにある海抜70メートルの丘陵地に位置する公園で、高台から見晴らす響灘や玄界灘、また芦屋町を一望できるロケーションの良さが特筆です。春は桜やツツジ、秋には紅葉も美しいスポットとして親しまれています!

魚見公園


天地山公園

  • 規模:約10,000本
  • 住所:『豊前市大村1140-1』

日本の都市公園百選に登録されてる雄大なやすらぎが感じられる緑豊かな公園です。施設の中で特に見逃せないのが展望広場。市街地から周防灘へ広がる素晴らしい景観が私たちの目を楽しませてくれます。心も体も思いっきり開放して遊ぶために、園内の広場はゆったりとした空間です。春を彩る花木として植えらた1万本ものツツジが、公園を鮮やかに色づけます。四季を通じて、桜・チューリップ・紫陽花・マリーゴールド・山茶花などを見ることができるため、花の名所としても知られています。
>>詳しくはコチラ

天地山公園
詳しくはコチラ


高炉台公園

  • 規模:約45,000本
  • 住所:『北九州市八幡東区中央3丁目-9』

国道3号線沿いの小高い丘の上にある、鉄の町のシンボル公園。多目的に利用できる広場や野外ステージ、子どもに大人気のアスレチック遊具などもあり、さんぽやウォーキングに訪れる方や、ピクニック・ハイキングを楽しむ家族連れなど、たくさんの方に親しまれています。また、野外ステージ後方の斜面にはツツジが植栽され、ピンクや白の美しい花を咲かせます。
>>詳しくはコチラ

高炉台公園
詳しくはコチラ


垣生公園

  • 規模:
  • 住所:『中間市垣生』

JR筑前垣生駅のすぐそばにある県内有数の桜の名所としても知られる広さ約15万平方メートルの自然豊かな公園。園内には約2000本のソメイヨシノが見られるほか、ツツジや花ショウブなども見所でその自然を活かして、毎年春には“さくらまつり”も開催されている。
>>詳しくはコチラ

垣生公園
詳しくはコチラ


文化記念公園

  • 規模:不明
  • 住所:『北九州市小倉南区田原5-1』

同市の文化・レクリエーション・スポーツ活動等の総合的な拠点として、市制20周年記念事業として設置された広大な施設。ツツジが見事な日本庭園や秋の紅葉が美しい整備されたウォーキングコースなどほか見所満載。
>>詳しくはコチラ

文化記念公園
詳しくはコチラ

筑豊エリア

勝盛公園

  • 規模:約8,000本
  • 住所:『飯塚市片島1-607-1』

飯塚市中心部にある一番古い公園で、桜やツツジの名所として市民に広く親しまれています。勝盛公園の前身である旧勝盛公園ができたのは、大正10年のことで、まだ地方都市に公共の公園があること自体が珍しかった時代に、頂上に宮地嶽神社を持つ小高い丘に遊歩道や植栽などを整備した4896坪の公園としてスタートしました。池の周囲では、白鳥や黒鳥をはじめ、カモにアヒル、ガチョウなどたくさんの水鳥たちと出会える人気のスポットです。
>>詳しくはコチラ

勝盛公園
詳しくはコチラ


八木山高原花木園

  • 規模:約7,400本
  • 住所:『飯塚市八木山1310-46』

面積6万平方mの広大な空間に梅や紅葉、ツツジなどの花木が約2万本(梅1500本、紅葉1610本、ツツジ7434本ほか)も植えられている、まさに花木園の名に恥じない自然スポットです!
>>詳しくはコチラ

八木山高原花木園
詳しくはコチラ


いこいの里 千石

  • 規模:約7,400本
  • 住所:『宮若市宮田2059-1』

森林浴・山遊び・川遊びなど雄大な自然をそのまま楽しめるのはもちろん、桜の名所としても知られる川岸の千石公園でくつろいだり、充実のキャンプ場(花の水辺公園キャンプ場、木立の広場キャンプ場、千石峡キャンプ場)で自然のいろんな表情を肌で感じるのも乙なものです!
>>詳しくはコチラ

いこいの里 千石
詳しくはコチラ


谷岡つつじ園

  • 規模:約10,000本
  • 住所:『嘉麻市熊ケ畑1570-1(つつじ庵隣)』

30年以上の年月をかけ、もともとは棚田だった跡地に植えられた1万株以上ものつつじは見事!「つつじ庵」の看板を目印に熊ケ畑山を登った中腹に位置する花見穴場スポットです!
>>詳しくはコチラ

谷岡つつじ園
詳しくはコチラ


三光園のつつじ

  • 規模:約5,000本
  • 住所:『 嘉麻市下山田1038-3 』

大法・白馬山のふところに位置し、軽費老人ホーム 三光園敷地内の山の斜面にボランティアの方たちによって植えられたつつじは地元住民はもちろん来園客にもとても愛され人気の花見スポットとなっています!
>>詳しくはコチラ

三光園のつつじ
詳しくはコチラ


旌忠公園

  • 規模:約600本
  • 住所:『飯塚市大字立岩字堀田1793飯塚市飯塚野球場近郊』

桜とツツジの名所として知られる町のいこいスポット。園内は小高い丘に遊歩道がはりめぐらされ、健康増進のウォーキングにもうってつけ。頂上には巨大な慰霊塔があり、周囲にはたくさんの桜が植えられているほか、そこから園内はもちろん市内の景色が見渡せる絶好のロケーション。
>>詳しくはコチラ

旌忠公園
詳しくはコチラ


丸山公園

  • 規模:約700本
  • 住所:『田川市丸山町19-1』

桜とツツジの名所。園内に1000本ものソメイヨシノや700本ものツツジが咲き誇り毎年4月1日から4月中旬頃までは「花まつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。
>>詳しくはコチラ

丸山公園
詳しくはコチラ


成道寺公園

  • 規模:約3,000本
  • 住所:『田川市白鳥町10-21』

桜とツツジの名所。閑静な自然の趣をもった公園で、市民の憩いの場として親しまれている。公園内全体につつじが植えられており、5月初旬には全園がつつじに包まれ、6月には菖蒲池に植えられた菖蒲の花が見ごろとなります。

成道寺公園

筑後エリア

梅林寺

  • 規模:約3,000本
  • 住所:『久留米市京町209』

境内に梅の花が咲き誇り(見頃は2月上旬〜3月上旬)、毎年たくさんの観光客が訪れることで有名なお寺。隣接する梅林寺外苑には梅が30種500本、ツツジはなんと3000本も植えられているんだとか!花以外でも秋の紅葉が美しく、見事な松を見られるのもここならではのポイント。1年を通して自然の美しさを堪能できる心憎いスポットと言えますよ!
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


平原古墳公園

  • 規模:約3,500本
  • 住所:『久留米市田主丸町森部1312』

公園内・桜並木とあわせて約800本ものソメイヨシノが咲き乱れ、またツツジの美しい魅惑の自然公園です。古墳公園と名が付くように、周辺には7世紀頃のものと思われる平原古墳群が点在し、自然の景観だけでなく歴史情緒も味わえるおいしいスポットになっています!
>>詳しくはコチラ

平原古墳公園
詳しくはコチラ


久留米百年公園

  • 規模:約200,000本
  • 住所:『久留米市合川町2432-1』

園内は春になると満開のツツジを楽しむ事ができます。特に、毎年4月に開催される「くるめつつじ祭り」は有名で、華麗に咲き誇る久留米つつじを求めて多くのファンで賑わいます。
※リンクはイベントの一部「久留米つつじマーチ」です。
>>詳しくはコチラ

久留米百年公園
詳しくはコチラ


久留米森林つつじ公園

  • 規模:約61,000本
  • 住所:『久留米市御井町299-354』

筑紫平野を一望できる絶好のロケーションには100種61,000株のつつじが植えられ、4月中旬から連休までが見頃となっています。耳納スカイラインのドライブ、ハイキングに絶好のポイントの一つです。


>>詳しくはコチラ
久留米森林つつじ公園
詳しくはコチラ


久留米市世界つつじセンター

  • 規模:約21,000本
  • 住所:『久留米市山本町耳納1875-1』

久留米ツツジをはじめ、世界各国から集めた"つつじ"の保存・育成と、新品種のつつじ開発を進めている「久留米市世界つつじセンター」。約1ヘクタールの広大な敷地では約1600種2万本もの貴重なツツジたちが育てられています。


>>詳しくはコチラ
久留米市世界つつじセンター
詳しくはコチラ


大川公園

  • 規模:約2,000本
  • 住所:『大川市酒見』

地元から"おふろうさん"で親しまれる風浪宮の外苑に当たる公園で、2.1ヘクタールの広々とした園内には、シーズンになると桜やツツジが咲き誇り、花見客で賑わうほか、大川出身の作曲家・古賀政男直筆の歌碑「影を慕いて」も見所となっています!


>>詳しくはコチラ
大川公園
詳しくはコチラ


黒崎公園

  • 規模:約2,500本
  • 住所:『大牟田市岬2386』

有明海を望む大牟田市北西部の丘陵地にある公園で、有明の海苔畑や、人工島・初島などを一望できる景観が要注目。春は桜と紅葉の名所としても親しまれています!


>>詳しくはコチラ
黒崎公園
詳しくはコチラ


甘木公園(丸山公園)

  • 規模:約5,000本
  • 住所:『朝倉市甘木菩提寺79』

水と緑に囲まれた自然豊かな町のいこい空間。総面積31.7ヘクタールの園内では、桜池・もみじ池なる2つの大きな池を中心に、春になるとソメイヨシノをはじめとする約4000本の桜と5000本のツツジが咲き誇り、夏から秋にかけては菖蒲や紅葉まで楽しめるという、まさに年中見逃せないスポットになっています!
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


大興善寺(エリア外:佐賀県)

  • 規模:約50,000本
  • 住所:『佐賀県三養基郡基山町大字園部3628』
  • イベント:「春のつつじ祭り」2015年4月17日(金)〜5月6日(水)開催

古くから「つつじ寺」の愛称で親しまれている大興善寺の裏山に広がる75000平方メートルもの大きさをほこる広大な公園には、50,000本のツツジ、500本以上のもみじ、杉や檜の大木、和の雰囲気を演出する各種庭園や花見堂などがあり、季節ごとに景観を変えていきます。

詳しくはコチラ


星のふるさと公園(グリーンピア八女)

  • 規模:約30,000本
  • 住所:『八女市黒木町木屋10905』

園内はもちろん、行く途中の道路沿いの斜面にも久留米つつじがびっしり植えられていて、まるで赤やピンクの絨毯のようです。公園には星の文化館や茶の文化館をはじめ、温泉館や自然溢れるキャンプ場、レストランなどの施設もあり、大自然の中で一日中遊べる大人気のスポットです。
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


高良大社

  • 規模:約200本
  • 住所:『久留米市御井町1』
  • イベント:「高良さんつつじ祭り」毎年4月29日〜5月5日開催

耳納連山の最西端、標高312メートルの高良山にある「高良大社」の社殿は江戸時代初期の権現造りで、神社建築としては九州最大のものです。本殿の背後から南側の崖面には、約200株のつつじが植えられています。春になると、素朴にして可憐な花「久留米つつじ」の原木群が、境内を真紅に染めあげます。
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


久留米つつじマーチ

  • 規模:約350,000本
  • 住所:『久留米市東櫛原町1713(中央公園)』
  • イベント:4月5日〜5月5日「久留米つつじまつり」

毎年4月の第3土曜・日曜日に開催。文字どおり、美しい"つつじ"が久留米市を埋めつくす春の一大ウォーキングフェスティバル。4月5日〜5月5日まで同市で行われる「久留米つつじまつり」期間中の要注目イベントです。
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


久留米つばき園

  • 規模:約500本
  • 住所:『久留米市草野町草野546-1』

約3ヘクタールの広々とした敷地内には、約200種類・500本のつつじゾーンやしゃくなげゾーン、かえでゾーン、うめ園など、四季を通じて楽しめる要素が満載。およそ500種、約2000本のツバキが植えられた平成22年3月には「国際優秀つばき園」にも認定され施設。
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


浦山公園

  • 規模:約11,000本
  • 住所:『久留米市上津町池田1320-58』

久留米成田山のすぐ裏側にある「浦山公園」は、付近一帯で見つかった浦山古墳群の遺構を活かして作られた緑豊かな丘陵地の自然公園。約14ヘクタールの広々とした園内には大小4つの池があり、その周囲を木々がやさしく包み込んでいます。
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


城山公園

  • 規模:約400本
  • 住所:『小郡市干潟1053』

小郡唯一の山と言われる標高120mの「城山」。ふもとのため池の周囲はその豊かな自然を生かして、憩いスポット「城山公園」として整備され、春にはサクラやツツジが見頃になり、バーベキューもできる園内の施設は年間1000人もの方が利用する大人気!
>>詳しくはコチラ

詳しくはコチラ


筑後川つつじ園

  • 規模:不明
  • 住所:『福岡県久留米市東櫛原町』

久留米百年公園の東側、国道3号線を挟んだ筑後川沿いに、「筑後川くるめつつじ園」。約300種が栽培されており筑後川沿いに咲き誇っています。


このページの先頭へ
目的で選ぶ
夕日・夜景
ウインタースポーツ
博物館・資料館
温泉
福岡のよかとこ情報を映像コンテンツでお楽しみいただけます!