お出かけ前にバーチャル体験
地区検索はコチラ 検索方法について

ホーム > 歴史 > 筑豊エリア > 飯塚市

福岡よかとこ.COMテーマ『歴史』

「炭鉱王の物語が今よみがえる!」 飯塚市 

旧伊藤伝右衛門邸

筑豊地方にその名をとどろかせた炭鉱王:伊藤伝右衛門。氏の功績を伝える唯一の文化遺産として残されているのが、国道200号線そば、飯塚市は幸袋にある本邸を展示館として一般公開した「旧伊藤伝右衛門邸」です。2300坪という桁違いの敷地面積に当時の先進的な建築技術を用いて建てられた邸宅は和洋折衷の表現がしっくりとくる繊細で優美な光景が広がっています!

炭鉱王の物語が今よみがえる! 炭鉱王の物語が今よみがえる!


営業時間 9:30〜17:00(入館〜16:30)
料金 入館料:大人 300円、小中学生 100円
※土曜日に限り小中高校生は無料
定休日 水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日〜1月3日) 
※なお、イベント開催期間中は無休
住所 飯塚市幸袋300
駐車場 あり(無料)
お問合せ先 0948-25-2930(飯塚市歴史資料館)
HP HPを開く
地図情報

◎ご紹介スポット:旧伊藤伝右衛門邸


下のチェックボックスにチェックを入れるとそれぞれの位置が地図に表示されます。

近隣の『よかとこスポット』を表示     近隣の『おすすめグルメ・お取り寄せ』を表示
※ポイントを移動するには、マウスでドラッグしたり、中心としたい地点をダブルクリックしてください。

みどころ紹介

  • 炭鉱王の物語が今よみがえる!『旧伊藤伝右衛門邸』をご紹介!
  • 言葉では言い表せない超豪華な『回遊庭園』


よかとこスタッフの体験レポート

贅沢な造りながらも宅内は落ち着いた雰囲気で、炭鉱王が暮らしていた当時の風景が思い起こされるようです!


  • 筑豊地方にその名をとどろかせた炭鉱王:伊藤伝右衛門(いとうでんえもん)。氏の功績(こうせき)を伝える唯一の文化遺産(ぶんかいさん)として残されているのが、国道200号線そば、飯塚市は幸袋にある本邸(ほんてい)を展示館として一般公開した「旧伊藤伝右衛門邸」です。まず驚(おどろ)かされるのが敷地面積(しきちめんせき)2300坪という桁違(けたちが)いの広さ。


  • そこに当時の先進的な建築技術(けんちくぎじゅつ)を用いて建てられた邸宅は、延床(のべゆか)面積なんと300坪!重厚(じゅうこう)な門をくぐり抜け、順路(じゅんろ)に沿って宅内に足を踏み入れると、そこには和洋折衷(わようせっちゅう)の表現がしっくりとくる繊細(せんさい)で優美(ゆうび)な光景(こうけい)が広がっています。そのすべてが贅沢(ぜいたく)な造りながらも宅内は落ち着いた雰囲気(ふんいき)で現実味があり、まるで炭鉱王が暮(く)らしていた当時の風景が思い起こされるような豊かな気持ちで満たされます。


  • また、宅内の至るところから目に入る回遊式(かいゆうしき)の庭園(ていえん)は、言葉では言い表せない超豪華(ちょうごうか)なもので、手入れの行き届いた美しい緑に癒(いや)される、まさに日本ならではの和の魅力(みりょく)を堪能(たんのう)できます。炭鉱王の歴史にふれられるだけでなく、日本家屋の良さを体感するにも最適なスポットと言えます!

情報掲示板

情報掲示板へ

教えてもらって、教えてあげる。楽しい意見交換の場にいかがでしょうか?
→マナーを守って楽しく活用してください。


近隣のよかとこ

MediaPlayerダウンロードセンター

よかとこ.comでは、レジャー情報を動画コンテンツを用いてご案内しています。
動画が表示されない場合は、誠にお手数ですが、左の画像をクリックし「MediaPlayer」をダウンロード・インストール(無料)の上、再度ご覧ください。

ページトップへ戻る